Walk On the Kawabata-dori

川端通りをほっつき歩く中年男子の日常を綴るブログ

体重増加とシタールサウンド

ここ3カ月の間に絶賛リバウンド中であるみたいなことを少し前に書いたが、本日65㎏となり、いよいよ全盛期の値に接近してきた。

最近、仕事のストレスを感じており、通常はそれによる肉体的、精神的な消耗により体重も減少するものであるが、なぜかあまり落ちない。その原因は、便秘気味であるためかもしれないし、在宅勤務による運動不足のためかもしれないし、生物としての本能的な飢餓への抵抗なのかもしれない。あるいは単純に夜ご飯のプチ・カレーパーティのせいかも。

無印良品のカレー3種を家族と少しずつ食べたのだが思いのほかご飯が進んでしまい、妻が用意したらっきょうを食べる暇もないほどだった。カレーの日はその油分のせいか普段でもなぜか特に体重が増えてしまう。

きょうは人気上位のこちらを食した。(食べる前に撮影することを怠ったためネットから拾い集めたが、なぜかパッケージの種類がバラバラ)

 

 

カレーといえば当然インドであり、インドといえば、ビートルズをはじめとする1960年代中期のシタールサウンドが思い出されるが、ビートルズよりもストーンズよりもいち早くシタールをロックに導入したとされるのがキンクスの「シー・マイ・フレンズ」。
The Kinks - See My Friends (Official Audio) (youtube.com)

www.youtube.com

大学生の頃に先輩からパイ時代のキンクスの名曲をセレクトしたカセットテープをもらって以来のフェイバリットグループ。